ユーザ用ツール

サイト用ツール


呼応・コンコード


差分

このページの2つのバージョン間の差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
呼応・コンコード [2017/09/10 01:22]
admin
呼応・コンコード [2017/09/10 01:22] (現在)
admin
行 22: 行 22:
  
  
-上記の文章は単数複数はあるものの、主語に代名詞(I,You,They)を使っています。ところが、主語を[[名詞と動詞#名詞|名詞]]にした場合に独特な呼応文法が発生します。例えば、「O ja dijo」の「O(あなた)」を「Ntswa(ンチャ:犬)」という名詞に変えてみます。+上記の文章は単数複数はあるものの、主語に代名詞(I,You,They)を使っています。ところが、主語を[[名詞と動詞:名詞と動詞#名詞|名詞]]にした場合に独特な呼応文法が発生します。例えば、「O ja dijo」の「O(あなた)」を「Ntswa(ンチャ:犬)」という名詞に変えてみます。
  
 - *Ntswa* **e** ja dijo (ンチャ エ ディジョ) = The dog eat food - *Ntswa* **e** ja dijo (ンチャ エ ディジョ) = The dog eat food
  
-おやおや、「Ntswa(犬)」と「ja(食べる)」の間に奇妙な「e(エ)」が入ってます。この「e」が呼応(コンコード)によって生まれる文字です。この[[名詞と動詞#名詞|名詞]]と[[名詞と動詞#動詞|動詞]]の間に入る文字を「Subject Marker(SM)」と呼びます。この「e」は「Ntswa」という[[名詞と動詞#名詞|名詞]]の場合において「e」であって、他の名詞の場合は別の文字が入ります。例えば「Dikgomo(ディコーモ、牛の複数形)」の場合はどうでしょう。+おやおや、「Ntswa(犬)」と「ja(食べる)」の間に奇妙な「e(エ)」が入ってます。この「e」が呼応(コンコード)によって生まれる文字です。この[[名詞と動詞:名詞と動詞#名詞|名詞]]と[[名詞と動詞:名詞と動詞#動詞|動詞]]の間に入る文字を「Subject Marker(SM)」と呼びます。この「e」は「Ntswa」という[[名詞と動詞:名詞と動詞#名詞|名詞]]の場合において「e」であって、他の名詞の場合は別の文字が入ります。例えば「Dikgomo(ディコーモ、牛の複数形)」の場合はどうでしょう。
  
 - *Dikgomo* **di** ja bojang(ディコーモ ディ ジャ ボジャン) = The cows eat grass. - *Dikgomo* **di** ja bojang(ディコーモ ディ ジャ ボジャン) = The cows eat grass.
  
-*Dikgomo*の場合は「di」になっていますね。このように名詞によって入るSubject Markerは決まっています。この決まり方は[[名詞クラス]]という名詞のカテゴリによって異なります。+*Dikgomo*の場合は「di」になっていますね。このように名詞によって入るSubject Markerは決まっています。この決まり方は[[名詞と動詞:名詞クラス]]という名詞のカテゴリによってるのです。
  
呼応・コンコード.txt · 最終更新: 2017/09/10 01:22 by admin