ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

場所の表現


場所の表現

「ntlo(ント)=家」「kereke(ケレケ)=教会」「spatela(スパテラ)=病院」「Sekolo(セコロ)=学校」「shopo(ショポ)=お店」など「場所」に関してですが「場所」を表現する時に、「〜へ行った」「〜から来た」「〜にいる」など特定の場所を指し示す場合、これまた名詞が活用します。

  • Ke ya ko shopong(ケヤコショポン)=私はお店に行く
  • Ke tswa ko spatelang (ケツァコスパテラン)=私は病院から来る。

「〜から」「〜に」など場所を指し示す(ロケーティブ)場合は名詞のお尻に「ng」が付きます。

主語 + SM(呼応) + 動詞 + 場所ng

さらに、「場所の名詞ng」には前置詞的な「fa(ファ)」「ko(コ)」「kwa(クゥワ)」「mo(モ)」が付きます。

  • fa - すぐそこ
  • ko - ちょっとした距離、外にあるもの
  • kwa - めっちゃ遠い
  • mo - 中
  • ke tswa ko Mulanbakwena(ケツァ ムランバクウェナ)=私はムランバクウェナから来ました。
  • Emma fa(エマファ) = そこで止まって!
  • Kwa!=めっちゃ遠い!
  • Ke mo shopong =私は今お店の中です。

ンポがボツワナに居た頃に「fa」と「kwa」を前置詞として使ったことは無い気がします。ただ「ko」「kwa」は同じ意味だよと教わったので、話者が対象の場所を「遠い」と思っていたら「kwa」、そんなに遠いと思ってなかったら「ko」なのかもしれません。

場所の表現.txt · 最終更新: 2017/10/09 12:33 by admin