ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

代名詞:代名詞と指示代名詞


代名詞と指示代名詞

ここでは指示代名詞、いわゆる「それ」「あれ」「あそこ」「あちら」などという物を指し示す言葉を紹介します。

ツワナ語で物を指し示す方法は2通りあります。

代名詞を使う

こちらは、単語に変わる代名詞を使う方法です。「私はドアを開ける」を「私はそれを開ける」の「ドア」を「そこ」に置き換える形です。英語だと「door」を「it」に置き換える感じですね。

例文

  • Ke bula lebati = 私はドアを開ける

これを、代名詞を使うと以下のように「lebati」が「lone」になります。

  • ke bula lone

    さて「それ」に当たるものが「lone」なわけですが、例によって名詞クラスによってコチラも言葉が変わります。

名詞クラスPrefix指示代名詞
1moene
2babone
3boone
4meyone
5lelone
6maone
7sesone
8ditshone
9-yone
10ditsone
11lobone

Setswana Grammar Manualの名詞クラスの分類は南アフリカ式のようなのですがここではボツワナで私が学習した名詞クラスで分類しています。

というわけで、指示代名詞を使う際の文法は

主語 + 呼応・コンコード + 動詞 + 代名詞

動詞の左に代名詞を置く

例えば「ke rata dikgomo」(私は牛が好きです。I like cows.)の場合、「私はそれらが好きです。I like them.」と言い換えることが出来ます。この場合、ツワナ語では「それら」に当たるものを動詞の左側に持ってきます。

  • ke a di rata.

面白いのは、この「it/them」に当たる単語が「di」で、牛の単数形kgomoを複数にする際に付く、Prefixなのです。そしてこの文は、目的語を伴わないので「ke a」と「a」が入ります。

主語 + 呼応・コンコード + 目的語の呼応 + 動詞

  • Ke a ba ruta = I teach them (children)
  • Ke e rekile ko tropong = I bought it in town (chicken)
代名詞/代名詞と指示代名詞.txt · 最終更新: 2018/03/11 03:11 by admin