ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

目的語


目的語

文には2つの目的語を持つものがありますね。間接目的語と直接目的語です。

  • I give you money. 私はあなたにお金を上げる。

動詞の後に続く名詞は「目的語」です。この文の場合は動詞「give」に対して目的語の名詞は「you」「money」です。giveするものは「you」ではなくて「money」です。このmoneyの部分を直接目的語といい、youに当たるものを間接目的語といいます。

ツワナ語の場合は次のようになります。

主語 + 呼応・コンコード + 動詞 + 間接目的語 + 直接目的語
主語 + 呼応・コンコード + 間接目的語(代名詞を使う) + 動詞 + 直接目的語

なんと、間接目的語は動詞の前にも後ろにも置けます。ただし、前に来るときは代名詞を使う決まりです。

  • Ke go fa madi =私はあなたにお金をあげる。
  • ke fa Thabo madi=私はThaboにお金をあげる。

いくつかの動詞は、目的語に人を取る場合は、語尾に「-ela」に活用します。

主語 + 呼応・コンコード + 動詞-ela + 人物

  • Ke kwalela Mpho. =私はンポ宛に書いてる。
  • Ke Kwalela Mpho lekwalo=私はンポあてに手紙を書いてる。
    • kwalelaの動詞の原形は「kwala」
  • Ke kwala lekwalo = 私は手紙を書いている。

もし、Mphoを代名詞を使う場合は以下のように動詞の前に来て「-lela」の「a」が「e」に活用します。1

  • Ke a mo kwalele = 私は彼に書いている。

いくつかの文では、文を完成させるためにコネクタが必要になる場合があります。

動詞 + 動詞-ela + 間接目的語 + (ko) go + 間接目的語

  • Ke ragela bolo (ko) go Thabo = 私はターボにボールを蹴った。

(ko) goは英語で言うところの「to」にあたります。この文は英語では「I kick the ball to Thabo」です。

装飾語(副詞、形容詞)を使って文を装飾するには次のような法則が見られます。

主語 + 呼応・コンコード + 動詞 + 装飾(方法・how) + 場所 (where) + 時間 (when)

  • Bana ba jele ka bonako ko tropong gompieno = 子供たちは今日、町ですばやく食べた。
    • Bana = 子どもたち
    • ba = 呼応・コンコード
    • jele = ja(食べる)の過去形
    • bonako = すばやく、早く
    • tropong = 町
    • gompieno = 今日
目的語.txt · 最終更新: 2018/07/26 14:28 by admin