ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

形容詞:weak形容詞


Weak形容詞

weak形容詞は何かの名詞を装飾する際に、名詞クラスによって接頭辞が変化する形容詞です。

Mosadi yo motelele (モサディ ヨ モテレレ) = 身長の高い女性

注意すべき点は次の2つです。

  • 名詞と形容詞を接続する文字は「1つ」(この場合、“yo”)
  • 「高い」という単語は「-telele(または、-leele)だが、Prefix「mo」がついていることに注目してください。このPrefixは名詞クラスの名詞に付与される「Prefix」と同じものが付与されます。

つまりWeak形容詞のルールは以下のとおりです。

  • それぞれの文は名詞と形容詞を繋ぐ「接続語」(Adjective Marker)が必要。どんな接続語が付くかは名詞クラスで決まる。
  • 形容詞のPrefixは名詞のPrefixと同じ文字
  • n-で始まる名詞の際にはPrefixはつけない。

名詞 + 接続後 + Prefix + 形容詞

名詞クラス別のPrefix、接続後のリスト名詞クラスにまとめています。

  • Sekolo se setona = Big school
  • Batho ba bantsi = Many people
  • Monna yo montle = Handsome man
  • Gempe e tala = Blue shirt
  • Ditilo tse dinnye = Small chairs

形容文をつくるには、はじめに形容したい名詞の名詞クラスを特定します。そして、その名詞クラスに相当する接続語を付けて、名詞と同じPrefixを形容詞に付けます。

  • Loleme lo lotelele

例えば「Loleme(舌)」を形容して「長い舌」と言いたいときはこうです。Lolemeは名詞クラス11なのでPrefixはloです。それに対応する接続語(Adjective Marker)はlo、そして「長い」という形容詞は「-telele」で名詞LolemeのPrefixLoを付けて「lotelele」となります

形容詞/weak形容詞.txt · 最終更新: 2017/11/18 13:15 by admin